« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

確認してみる。

新しいPCで絵文字が表示されないので、設定確認してみた。

どれどれ?

pig smile cherryblossom riceball dog

 

お。大丈夫みたいgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらあら。

あっという間に3月もきょうで終わり。

学校の授業が終わり、卒業式が終わり、1年で1番長い春休みはぴーすけさんの見守りであっという間に過ぎてしまった。

とは言っても、〝見守り”なので、ただ一緒にいただけ。

別にバタバタ忙しくしていたわけではないので、私自身はかなりのーんびりしていた。

この間にいろいろ勉強したり、普段できないことをすればいいのに、特に何もしていない。

そろそろ脳みそが溶けはじめてきたかも

 

 

パソコンもXPのサービスが終了してしまうので新しいPCにいろいろ移し替えなくちゃいけないんだけどこっちもはかどらず。。。

長年使い親しんだPCと同じメーカーなのになかなか慣れない。

キーボードにも画面にも使い方にも。

今までできていたことができないのは、何か設定が必要だったりするんだろうけど、それもわからない。(調べればいいのに)

でもまぁ、春休みのタイミングでぴーすけさんと一緒にいられたのでよかった、ということにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

ぴーすけさん。

先週で仕事が一段落し、やっと一息つけると思ったら、金曜日の深夜、いつものように1人部屋の中をウロウロ歩いていた我が家の愛犬ぴーすけさんが、右前足をグギッと躓いたのかねじったのかしたらしく、床に着けなくなった。

その後みるみるうちに元気がなくなり、動けなくなってしまって、土曜日朝イチで車で30分ほどの行きつけの病院へ行ったら、足の問題だけじゃなく、結構いろいろな疾患があって半日点滴を宣告されてしまった。

12歳という高齢な上に若干ぽっちゃりさん。

寒いのがキライで、炬燵にもぐってぐぅぐぅ寝ているおじいちゃん犬。

病院に預けてから夕方引き取りに行って、それからずっと心配で心配でずっと一緒にいた。

日曜日も一日中そばにいた。

少しずつ動いたり表情を変えたりするようになったけど、でも『元気』じゃない。

そして、月曜日。

また点滴のために病院へ連れて行った。

行きの車の中で異変を察知したらしく、(土曜日は具合悪すぎて車に乗せられていることさえわかってなかったのに)ずっとくぅ~んくぅ~んと震えていた。

病院に着いてからも可哀想なくらいずっと震えていて、見ていてせつなくなった。

しかし!!

診察室から、点滴のため奥に運ばれるのに、若くてかわいい看護師さんに抱っこされたら、「へっ?」って思うくらい、超うれしそうな顔になり、見送る私たちに、「父ちゃん、母ちゃん、後でねー!!」って表情に早変わり。 

こっちは驚いたというか気が抜けたというか、笑っちゃった。

あのゲンキンさ。

やっぱりおじいちゃん犬も若くてかわいいやさしそうな看護師さんが好きなのね~。

その後は少しずつではあるけれど、食欲も出てきたしかなり動けるようになって来たし、まぁ順調に回復しつつあるみたい。

来週また病院に行く時は、以前みたいに不安がるのかうれしがるのか、ちょっと見ものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

うーん。

明日の仕事への気分の切り替えができないこの気分の悪さsaddash

最後くらいピシッとできないもんかね、あの子たち。

これから苦労するよ??『せんせい』は『お母さん』じゃないんだよ??

きぃぃぃっannoy

そんな訳で、先日ダーリンの先輩から送られてきた5リットル樽の小樽ビールを一杯飲んで気分転換beer。本当は今日は『飲まない日』なんだけどねcoldsweats01

それでもやっぱりなかなか気持ちが切り替わらない。

明日の準備しなくちゃいけないのにsweat01

最後の授業の彼らに、心のどこかで“もしかしたら今日くらいはいい学生でいてくれるのでは”って、自覚は無いけれど期待していたのかなぁ?

今思えば、今日もいつもと同じだった(いつもひどいから)。

いつもと同じように大声で「うるさーいっ!!!」と叱り、態度の悪い学生には「その態度は何なんだ!」と注意した。「うるさい!」「起きなさい!」「ちゃんと聞いていなさい!」の繰り返し。

机をばんっ!!と叩いて叱った時は、ほんの一瞬びっくりしたみたいだけど、3分と持たない。

授業の最後に卒業する学生たちに「こんなんじゃ、これから苦労するよ?この学校はあなたたちにとてもやさしかったんだよ??進学して新しい学校でこんな態度じゃ続けられないよ」という話をしたけど、本当はもっと違う話をしたかった。

自分を大切にすること、自分を好きでいられるようにとか、そんな話。

それでも学生たちはあっけらかんとしていて、誰かに言わされた感たっぷりの「先生のおかげで勉強できましたー」(先週文法で『おかげで』を習ったので、これを使いなさいと誰かに言われたんでしょう、きっとsweat02)とぶっきらぼうで投げやりなセリフを最後に叫び、、、

そんな言い方じゃうれしくないです。せっかく言ってくれるなら、もっと丁寧に言ってください。

と言ったら、少しだけ丁寧に言ってくれたのがせめてもの救いかな。

そして、みんないつものように「先生、さようならー」と言って帰って行った。

さすがに今日は「また来週ー」は無かったな。

一人ひとりは基本的にはホントに悪い子じゃない。

あの教室が悪いんだ、きっと。

 

 

ネチネチ愚痴っちゃったけど、冷静になったら削除すると思います。

冷静になれなかったら残すかも。。。

いい加減明日の準備しないとsweat01

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

弥生。

3月になってしまいました。

早いですねぇ。

非常勤とはいえ仕事に追われ、時間に追われ、あっという間に時間が過ぎていきます。

4つのクラスを受け持っていますが、内一つはとてもとーっても、ものすごーく大変なクラスで、そのために前日当日翌日の3日間は胃はギューギューになるし、コメカミの血管がドクドクしてしまってます。

それでもしばらく前までは、3月に彼らが卒業する時は涙しちゃうだろうなんて思っていたけれど、正直、最近は、あのクラスから解放されたい!早く卒業して!なんて思ってしまいます。

全員がダメな訳ではないから、叱り方も難しいんだよね。

一人ひとりは本当にいい子たちなんだけど、集まると悪くなっちゃうんだね。

そして、残すところあと1週間。

そのクラスのほとんどの学生とは、あと1回きりの授業。

その日、私は何を思うんだろう?

彼らに何を話すんだろう?

とりあえず授業準備だけは進めているけれど、最後の授業で何かを伝えたい。

担任ではないので、大きなことは言えないしできないけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »