« 東鳴子温泉。その1。 | トップページ | 1球の重み。 »

2010年8月20日 (金)

東鳴子温泉。その2

朝、台所の向こうの窓から射しこむ夏の朝の陽射しで目覚め、今日もまた暑くなることを確信。

朝のお風呂は、昨夜と同じ露天付き。

夜とはまた違う、朝の露天の空気の気持ち良さ。

あと2,3日ゆっくり滞在できたらいいのにね。

湯治宿をチェックアウトして向かったのは、今年の忘年会でお世話になる予定の鬼首温泉郷の旅館。

日程の確認と挨拶のために寄ったのだが、建物の外観、玄関付近の様子など、純和風の昭和の佇まいでとてもいい雰囲気だ。

楽しみだなぁ!!

それから鳴子で早めのランチ。個人経営の小さなレストラン『銀の匙』。

美味しいと評判のチキンソテーを頼んだ。評判どおり、皮はパリパリ香ばしく、中は柔らかくジューシーで、ソースの味が絶妙で、本当に美味しい!

一緒に頼んだチキンカツ、ビーフシチューも同じタイミングでサーブされ、シェフの腕の見事さがわかる。

全てシェフ1人で切り盛りしているようで、あまり愛想もよくないしサービスもいいとはいえないけれど、本当に美味しい。

また行っていろいろ食べたいお店だ。

そして、その後は大崎市の『醸室』へ。

江戸時代後期に建てられた酒蔵を改修して商業施設にし、観光スポットにしたそうだ。

2010081714340000_2  

 

 

 

2010081714430000_2  

 

たすけて~!

釜神様が追ってくる~!!

 

 

 

 

 酒屋さんや駄菓子屋さん、貸しスペースや観光案内所などなどが入っていて、しばし楽しめる場所だ。

そして、もくもく入道雲、変わりやすい空の様子を眺めながら仙台へと戻ってきた。

2010081714590000 2010081715150000     

 

 

 

途中、扇風機を買うべく、ショッピングモールや大型電気店に立ち寄ってもらったら、もう在庫切れの売り切れ状態。

某所では、早くも炬燵を出そうとしていた。

結局フツウの形の扇風機は買えず、縦に長いスリムタイプのファンを買って帰ってきた。

一旦家に荷物を降ろして、夜は○たけで締めの会。

まったりした2日間。

ありがとうございました~。

 

 

|

« 東鳴子温泉。その1。 | トップページ | 1球の重み。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/49218853

この記事へのトラックバック一覧です: 東鳴子温泉。その2:

« 東鳴子温泉。その1。 | トップページ | 1球の重み。 »