« 『蘭者侍』と『団』 | トップページ | 川西屋酒造蔵見学の旅② »

2010年2月20日 (土)

川西屋酒造蔵見学の旅①

金曜日、仕事を終えて帰宅し、夕食を済ませて22:30。

雪が降り始める中、神奈川へ向けて出発。

時間の経過と共に雪も激しくなり、深夜の高速道は吹雪で真っ白だ。

でも、福島を過ぎた辺り(?)からやっと小降りになり、徐々に止みはじめた。

今回は昔からの飲み仲間4人で、『隆』で知られる神奈川の川西屋酒造さんの蔵見学。

私はペーパーなので、運転は私以外の3人で交代。スイマセンcoldsweats01

深夜の高速道、東北道では、走っていても見える暗黒の夜空に瞬くたくさんの星たちに感動したりしていたけれど、首都高では道路のすぐ脇に普通に灯りのついたビルやマンションが隣接している。

 

早朝、熱海や伊東温泉などを通り過ぎて伊豆北川温泉の黒根岩風呂に到着。

波打ち際の露天で、昇る朝日を望みながら入れるらしい。

でも、残念なことに『混浴』との情報で、仕方ないので車の中で寝て待っているつもりだった。

しかし行ってみると、去年の夏から女性専用風呂ができたらしく、私も入ることができたspa

洗い場も無くほんとに浸かるだけの露天風呂で、一緒になった大阪や東京から来た旅の方々と、波の音を聞き、旅のお喋りをしながら朝日が昇るのを待つ。

でも生憎、水平線の上には厚い雲がかかっていて、薄明るくなっているのはわかるけれど朝日は拝めなかった。

2010_0220005_2

でも、しばらくすると、雲の向こうの太陽が放つ光が放射線状に広がって、きれいな朝がやってきた。

 

 

 

それから朝ごはんを食べようと、朝っぱらから開いてるお店を探したけれど、さすがに朝7時台には無くて、仕方がなくコンビニおにぎり。

 

そして河津桜を観に向かう。

道中でもちょくちょく見かけていたけれど、濃いピンク色の桜。

2010_0220018 2010_0220021 2010_0220020  

 

会場の川岸は見事に満開を迎え、桜のトンネルをつくっていた。

ちいさな鶯たちが桜に群がり、百舌たちがそれを追い払うように飛んでくる。

そして澄み渡った空の青と、菜の花の黄色とのコラボレーションが、ほんとに鮮やかで清々しい。

2010_0220026

河津桜を心行くまで堪能したあとは、修善寺を抜けて天城越え。

そしてお昼のために向かった沼津漁港。

2010_0220033_2  

2010_0220032_2 悩んだ結果、お昼は『金目鯛の煮付け定食』。

濃いめの味付けで、ごはんも山盛り。

美味しかったけど、かなりお腹が一杯になった。

 

そしてこの後、いよいよ川西屋酒造さんへと向かう。

つづく。

|

« 『蘭者侍』と『団』 | トップページ | 川西屋酒造蔵見学の旅② »

コメント

およよ?!
友達のblog日記と重なります。
もしかして同じツアーだったのかも♪
坂戸屋さんにも、飲みに・・・もとい試飲がてらおうかがいしなきゃ~~(笑)

投稿: まき子 | 2010年2月22日 (月) 23時52分

>まき子さん
お友だちも土曜日に川西酒造さんへ?およよ??
坂戸屋さんて川崎のですか?
そこには行かなかったけれど、『隆』はかのや酒店という酒屋さんで購入してきましたhappy01

投稿: えぬこ | 2010年2月24日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/47637080

この記事へのトラックバック一覧です: 川西屋酒造蔵見学の旅①:

« 『蘭者侍』と『団』 | トップページ | 川西屋酒造蔵見学の旅② »