« 念のため。 | トップページ | むぅぅぅぅ・・・。 »

2009年11月 3日 (火)

霜月。

あっという間に11月。

今年は夏からがあっと言う間だった。

11月の初日。もう冬のような朝陽。

0238  

 

 

 

 

また栗原へ行ってきた。

今回は職場のひとからのお誘いで、震災復興視察や被災者の方々との交流を含めたグリーンツーリズム。

栗原市で現地の地域活性化の活動をされているM氏と合流し、まだ復興工事中で通行許可車両しか入れない耕英地区へ向かった。

栗駒山を登っていくと、そろそろ終わりかけだけど紅葉がまだきれい。

黄色い木々に気を取られていて、ふと気がつけば眼下に広がる雲海。 

0249 ほんのちょっとの時間で雲が流れて、麓の田んぼが見えてきたりする。

  

 

 

0245_2  

車を降りると、空気は冷たくて、木の香がする。

寒い季節の、しっとりした木のにおい。

 

0252 木々の向こう下は、地震の前は道路だった。

崖が崩れて通行止めになり、今、工事中。

 

 

 

それから、復興の会の代表の方のご自宅に伺う。

ご本人はいらっしゃらなかったけど、お母様と奥さまにお会いして住宅の話や農作物の話などを聞いてきた。 

そのあと、亡くなられた方もいらした温泉旅館の跡地…今は更地になっている…へ入ってみた。

0267 あの崖が崩れて建物を飲み込んでしまったのだ。

一緒に崩れ落ちた木々がまだそのまま残っている。

想像すると怖くて寒くなってくる。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

この耕英地区はイチゴの栽培やイワナ養殖が盛んなところだ。

昨年の地震でどちらも壊滅的な被害を受けた。

その中の1人であるイチゴ農家の方のところへ寄った。

ケーキにのせるイチゴを栽培している。

6月はイチゴもちょうど収穫、発送の時期だったので壊滅的な打撃を受けた。

その後、やはり地震で多大な被害を受けたイワナ養殖業を営む数又さんのところで昼食。

0268 0269  

塩焼きにマリネ、甘露煮、そして、なんとお刺身も!!

どれを食べても本当においしかった。

被災した時には稚魚が全滅し壊滅的な被害を被った。

イワナは成魚になるまで2年かかる。きれいな水じゃないと育たない。言葉では表せない大変な苦労があったと思う。

是非また頂きたい。

0261 0262 この水でイワナが養殖されている。

きれいでしょ。 

0263 コロボックルが住んでいそうな木の根元。

 

 

 

 

0264 食堂・養殖場の入り口。

 

 

 

 

それから、荒砥沢ダムへ。

0271

地震で地滑りを起こし、大量の土砂が流れ込んだ。

それを撤去する作業が今も続けられている。

 

 

復興の様子と被災者の方々との話で、1年半経った今もまだ地震の前の生活には戻れていない状態に、自然災害の根深い恐ろしさを感じた。

でも、耕英の方々は地域で団結して前向きに力強く一歩ずつ進んでいる。

家族や地域の大切さも考えさせられた充実した1日だった。

0276  

 

 

 

 

お土産にもらった野菜たち。

ジャム用のイチゴちゃんと天然なめこも。

しばらくは、白菜キャベツ大根で生きていける!

|

« 念のため。 | トップページ | むぅぅぅぅ・・・。 »

コメント

大根と白菜だけで生きていくと痩せられるよね♪どう?効果は出そう?

本当にあっと言う間に11月になっちゃった。
そろそろ街はクリスマス仕様になってきたし
なんだか次々忙しいね。

投稿: hirorin | 2009年11月 5日 (木) 09時02分

>hirorinさん
ふふふ♪ 効果? 乞うご期待!!

ホント、あっという間にクリスマスで、お正月だね。
年々、1年が早くなる。
風邪ひいてる場合じゃないのに、なかなか治らないsad
hirorinも気をつけてね。

投稿: えぬこ | 2009年11月 5日 (木) 12時00分

>今は更地

…だから「今更」って言うのかなあ?

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年11月 8日 (日) 09時17分

>葛飾のオヤジさん
う~ん、
更地の語源調べてみます。

投稿: えぬこ | 2009年11月10日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/46666979

この記事へのトラックバック一覧です: 霜月。:

« 念のため。 | トップページ | むぅぅぅぅ・・・。 »