« 吉祥寺 | トップページ | 稲刈りと温泉とお酒。その③ »

2009年9月23日 (水)

稲刈りと温泉とお酒。その②

記事UPが遅れておりますが…。

稲刈りの続き。

 

温泉宿へ向かうための送迎バス。

乗っているのは、人だけじゃない。

夜のために準備された綿屋のひやおろしたち32種。仕込み水も入れると総勢40本強。

2009_092009february0157 思わずバスの最大積載量を心配してしまった。

この光景も滅多に見られるものじゃない。

 

 

 

 

宿に到着して、まず周辺を軽く散策。

橋の下を流れる川はまだ泥を含んで濁っていたり、地震で倒れた石塔もそのままだったりして、まだ地震被害の面影はそこここに残っているけれど、復興は確実に前進しているし、こうして自然・天災の脅威を目にすることで、自分たちの防災意識を高めることができるんじゃないかしら。

2009_092009february0164

  

 

 

そして温泉!

稲刈りでかいた汗を洗い流し、源泉100%のお湯にゆっくり浸かる。

透明で柔らかい感じのお湯。美肌効果が高いそうだ。

あぁ、至福のひととき。

そして部屋に戻り、同室の4人で、事前に配給(?)されたビールで喉を潤す。

私は田植えの時と同様でAさんと一緒、そしてあとのお2人は、先日ジャズフェスの純米酒バーでお見かけしていた方々。話をするのは初めてだったけれど、意外なつながりがありびっくり!!やっぱり世間は狭いわぁ~。

そしていよいよ懇親会の始まり。

席を確保してから、まずは記念撮影。

2009_092009february0166 田植えの時より10種類くらい多い32種。

すごい。

小さな利き猪口で、とは言え、すべて飲むのは無理なので、ターゲットを絞って飲もう。

 

 

お料理も豪華。器もステキだ。

2009_092009february0169 2009_092009february0172

 

 

 

 

お料理は前菜からデザートまで11種。

お造り以外は全て地域で取れた食材。

どれもとてもおいしい。

お酒は前に並んでいるお酒から、飲む分だけをもらってきて飲むので、

「飲まなきゃ、食べなきゃ、でも話もしたい~」と、とても忙しい。

シアワセで贅沢な忙しさだ。

2009_092009february0174 ←常に数人は、この前でお酒を吟味している。

私は結局、雄町を中心に10種類くらい飲んだかな。

 

 

 

蔵の方、農家の方、酒屋さんなどなど、お酒に関わる方々のいろんなお話を聞くことができた。

それに、田植えの時にお会いした方々との久しぶりの再会もうれしい。  

そして宴会場を客室に移して、2次会。

2次会では何を飲んだかあんまり覚えていない。

飲んで、食べて、いろんな人といろんな話をして、おいしい、うれしい、楽しい、と、これ以上無い位すばらしい時間。

ありがたいなぁ~。シアワセだなぁ~。

たぶん量はそんなに多くないと思うけど、いろんなお酒を飲んだ為か結構ヨッパライないい感じになり、プラス稲刈りと温泉の効果もあったのか、眠気を感じ始めたので12時?くらいに部屋に戻って就寝となったのでした。

こうして1日目は大満足の内に終了。

ありがとうございました~!

|

« 吉祥寺 | トップページ | 稲刈りと温泉とお酒。その③ »

コメント

ステキな時間を過ごされましたね。

体の中には酵母の効果、体の外からは温泉効果……さぞ、ツルツルンに!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年9月25日 (金) 03時19分

>葛飾のオヤジさん
身も心もスッキリ爽快!
人間らしくなった気がします(!?)

投稿: えぬこ | 2009年9月25日 (金) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/46268651

この記事へのトラックバック一覧です: 稲刈りと温泉とお酒。その②:

« 吉祥寺 | トップページ | 稲刈りと温泉とお酒。その③ »