« 広瀬川美術蔵。 | トップページ | 東京。その② »

2009年9月25日 (金)

東京。その①

連休4日め。

おっちょこ強化合宿に便乗して東京に遊びに行ってきた。

車移動

この連休に東京から車で実家に帰省していたI夫妻。行きも帰りも仙台(おっちょこ)経由だったので、帰りの便(?)に、てっちゃん、Nくんと共に同乗させてもらった。

最初は9時発の予定だったけれど、渋滞を警戒して6時発に変更し早朝の爽やかな空気を吸いながら高速に乗った。

車は多いけど流れは至って順調。10時過ぎには東京に着いちゃった。正味3時間半くらい?早い!

都内に入り、車の中から国会議事堂、東京タワー、浅草雷門などなどを眺め、軽く東京観光。

河童橋に寄って、食品サンプル、食器、調理器具などいろいろお店で見物。

2009_092309february0188   

  

  

  

 

そしてお昼。

今回の目的①…東京のおいしいお店。

お昼。

飯田橋の広島風お好み焼き『れもん屋』

2009_092309february0189 細い麺、薄い生地、たくさんのキャベツ。

味も濃くも薄くもなくちょうどいい。

5人でどんどんもりもり食べてしまった。

おいしかった~happy01

一旦、解散して私は新宿のホテルにチェックイン後、一休み。

そして夜。

三鷹の『まると』。鶏料理のお店だ。

駅から少し歩いて少し静かになったあたりにある。

古民家風の落ち着いた雰囲気だけど、お店の中は明るくて元気な感じ。

苦手なレバーも『レバテキ』で食べたらおいしい。

もも焼きもいい焼き加減heart04 出汁巻き卵も、レンコンはさみ揚げも、肉味噌(野菜につけるの)も、どれもおいしいhappy02

何時間でもまったりできそう。

でも、今夜は要移動!

 

次のお店は、お隣の吉祥寺。

『ガチャガチ屋』

ここも駅から少し歩いて住宅街に入ったあたりにある。

昭和の雰囲気の漂う店内。懐かしいBGM。いい感じ。

正確なメニューの名まえは忘れちゃったけど、瓜の浅漬け、アボガドときのこのガーリックホイル焼きみたいなの、串盛り、クリームチーズと梅肉ソース、デザートの棒春巻きのアイスクリーム添えみたいなのなどなど、どれもほんとにおいしかった。

2009_092309february0190 テーブルに居た招き猫。

一旦目が合うと逸らすことができないくらい円らな瞳。

後半は、なぜかコシコシと招き猫磨きが始まっていた。

 

 

 

 

 

とてもおいしくて楽しいのに、慣れない電車で帰らなきゃいけない緊張であんまり飲めなかった…sad

昼に1杯、前の店で3杯、このお店では1杯だけ…。あとはソフトドリンク。

帰り際に、玄関脇のガチャガチャをさせてくれた。こういうのも楽しくてうれしいねhappy01

 

『まると』も『ガチャガチ屋』もまた行きたいお店だけど、簡単には行けないよねぇ。。。

 

と、いうわけで、さすがてっちゃんのお仲間、先輩のお店。

とってもいい雰囲気のお店でおいしいものをタラフク食べて、大満足の東京の夜だった。

私たちは食べたり飲んだりを満喫して2軒で解散だったけれど、てっちゃんとNくんは、その間もお店のひとといろいろ仕事の話をしたり、この後も更に強化合宿のメニューが続くのだ。

いつもおっちょこで一緒にいるメンバーとずっと居たので、『東京』に居るのが不思議な感じだったね。

つづく。

|

« 広瀬川美術蔵。 | トップページ | 東京。その② »

コメント

慣れない電車で緊張するってわかるわ!
普段は電車の時間なんて気にしないもんね。

だから私はいつも終電逃して、東京ではタクシー移動しちゃってるけど、えぬこさんはエライぞ~

投稿: hirorin | 2009年9月25日 (金) 16時29分

東京まで3時間半!飛ばしすぎかと。笑

投稿: masa | 2009年9月26日 (土) 09時21分

>hirorinさん
ホテル、新宿だったからねぇ。タクシーだといくらかかるか想像がつかないんだもんcoldsweats01
仙台で自転車もしくは徒歩移動ができるありがたさをしみじみ感じたよsmile

>masaさん
そうですか?3時間半~4時間かからない位だったと思うけど…coldsweats01飛ばしすぎか・・・rvcar(笑)

投稿: えぬこ | 2009年9月27日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/46307735

この記事へのトラックバック一覧です: 東京。その①:

« 広瀬川美術蔵。 | トップページ | 東京。その② »