« 自覚。 | トップページ | 充実・満喫・浄化② »

2009年5月10日 (日)

充実・満喫・浄化①

週末+五月晴れ=お出かけ日和sun

このことを心から素直に喜べることが、本当にありがたい。

なぜなら、愛する『綿屋』金の井酒造の“田植え体験イベント”があるからだ。

今回は、職場の元上司(…と言っても同い年の、美人で優秀で理知的で飲んだり食べたりが大好きな女性)と一緒に参加。

2日間とも快晴で、初夏のような気候。

仙台から北北西へ車で約2時間(普通道路でね)。

仙台から離れる程、空が広がり、緑が増えていく。

視界に入ってくる色の3分の2が緑色。

まだ新緑の木々の明るい緑もあれば、深みを帯びてきた緑、道端に生い茂る草の緑、山々の緑。

水が張られた田んぼに映る周りの光景や空…。

なんて気持ちがいいんだろう。。。と、どんどん“日常”から遠ざかりつつ、ほぼ予定通りに集合場所に到着。

菜の花畑の黄色が目に飛び込んでくる。

2009_051009february0004 今回のイベントは、綿屋のお米を作っている長崎高原ファームさんと、金の井酒造さんの主催。

昨年に続いて2回目になるとのこと。

会場にはたくさんの地元の方々がお手伝いにいらしていた。

開会の挨拶から始まり、まずは昼食交流会。2009_051009february0008

採りたての山菜を菜種油で目の前で天ぷらにして、揚げたてをそのまま頂く。

菜種油は、軽くてさっぱりしていて胃もたれがしない。

 

2009_051009february0006 2009_051009february0007             

 

 

山菜の煮物も素材の味がしっかりしていておいしかったし、ひとめぼれのご飯もつやつやで甘味があっておいしいし、地元の方々が作ってくれたはっと汁も、野菜たっぷり具沢山で美味。

青空の下、ゆっくりと贅沢な昼食を楽しんだ。

そして、いよいよ田植えの開始。

首にタオルを巻き、長靴に履き替え、手植えの説明を聞き、苗をもらい、足を田んぼへ“ヌウッ”と入れる。

手植えはなかなか難しい。そして、長靴の足がなかなか抜けず、動くのが大変bearing

でも心を込めて植えてきたので、きっとよいお米が出来て、最終的にはおいしいお酒になるに違いないhappy02

ものすごく久しぶりに、深くしっかりとした土のニオイを嗅いだ。

手に残ったそのニオイ、なんだか子どもの頃を思い出した。2009_051009february0015

お米が実る秋には稲刈り体験もあるらしいので、その時に自分が植えた辺りのお米を確認できるだろう。

 

 

 

2009_051009february0013 2009_051009february0018

 

 

 

 

 

田植えの後も、鯉のぼりが空を泳ぎ、ヤギが顔をえさ箱の中に深くつっこんで藁をむさぼり食べ、私たちも日本酒アイスを食べたり、四葉のクローバーを探したり、カエルの合唱や鳥の声、風の音を聞きながら長閑な時間を過ごす。

2009_051009february0020 夕方からは、近くの川渡温泉でお楽しみの懇親会。

その移動途中、さっきより更にすごい菜の花畑に立ち寄る。

一面に広がる鮮やかな黄色。圧巻だ。

喜んで花の中に入っていく子どもたち。 

 

そのちょっと先にある小田ダム。

2009_051009february0024

右側の小さな建物が、ムーミン谷の水浴び小屋を思わせる。

 

 

そして温泉宿『馬場温泉』に到着後、お風呂で泥と汗を流し、一休みしてから宴会場に集まる。

そして並べられた金の井酒造のお酒。

じゃじゃんっ!!!

2009_051009february0038 全20種。

制覇できるか??

 

 

つづく。

|

« 自覚。 | トップページ | 充実・満喫・浄化② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/44973476

この記事へのトラックバック一覧です: 充実・満喫・浄化①:

« 自覚。 | トップページ | 充実・満喫・浄化② »