« 綿屋の酒蔵探訪 その1 | トップページ | 2009年 お花見 »

2009年4月15日 (水)

綿屋の酒蔵探訪 その2

何年か前、テレビでやってた『懐かしのテレビ』的な番組で、昔の何かの連続物の番組で最後に画面の右下に『つづく』って表示されるのが『へべく』に見えるって言っていた。

何の番組だっけ???

……ま、いいや。

酒蔵探訪の続き。

タンクや冷蔵室を見学させていただいた後は、試飲会。

2009_041109february0035 ラベルは貼られてなくて、お米の種類や精米度、糖度、アミノ酸度など(だったと思う)が書かれた札が首に下げられている。

一升瓶の手前にある大きなぐい飲みに注がれたお酒を、みんなでなんだかんだ言いながら少しづつ味わってみる。

銘柄は綿屋だけじゃなくて、佐藤農場や酒界覇王(もあったっけ?)になるのかな?

ほんの少しずつ、なめる程度しか味わってないのに、さすがに10種以上続けると最後の方はわからなくなる。

それでもやっぱり好みはあるけど、抜栓してからの時間で1周めと2周めでは味が変わる。で、確かめようとしていると、やっぱり結局わからなくなるんだねcoldsweats01

そして試飲会の後、看板犬(?超かわいかった)ビーグルのバロンに別れを告げ、なんと唯一飲んでいないM社長の運転で仙台に戻って来た。すみませんですhappy02sweat01

で、M社長と一緒に飲もう会@あら井。

“あら井”はかなり久しぶりだ。繁華街から離れた、静かな普通の住宅街にある隠れ家的なお店。

以前、金の井酒造のある一迫でお寿司屋さんを営んでいた親方さんが、もっと他の料理も作りたいと仙台に来て開いたお店。

置いている日本酒は綿屋のみ。でも綿屋ほぼ全種類がラインアップされている。

蔵から持ち込んだお酒(1升瓶4本弱)を、ほぼ飲み尽くし、更にお店のお酒も何種類かオーダーし、体中の水分の2/3が綿屋のお酒になった感じ。でも9人いたからね。

Wataya  

 

 

 

 

 

 

お料理も凝っていて、きれいで上品で、とてもおいしいのだ。

飲んだり食べたりの感動で、うれしさの余り写真は一切撮れなかった。

M社長とも久しぶりに話が出来て、よかったhappy01

あら井、また行きたいなぁ。私にとってはちょっと特別な感じのお店だ。

あら井で程よく酔っ払って、二軒目のお店でもまたちょこちょこちょこと飲んで、喋って、すっかりいい気分になり、目を開いていられなくなって限界を感じ、贅沢な綿屋Dayは終了。

お天気はよかったし、丸1日M社長のナビで、お蕎麦もアイスクリームもお酒も美味しかったし。

あぁ、ホントに贅沢なすばらしい1日だった。

M社長、幹事のKさん、宴会部長のSさん、皆々様、ありがとうございました~!!

|

« 綿屋の酒蔵探訪 その1 | トップページ | 2009年 お花見 »

コメント

こりゃ仕事休んでも行くべきだったと思うわ! 
いいなぁ〜 綿屋、お気に入りのお酒だから、いろいろ飲んでみたい。 
身体の中3分の2が綿屋状態なんてすごいよ、なんか笑っちゃった(笑)

投稿: hirorin♪ | 2009年4月17日 (金) 02時53分

>hirorin♪さん
仕事、休んでないよ~シフト交換したんだよ~(←こだわる(笑))
いやぁホントに充実した1日だったよ。
今度仙台に来たら、あら井行ってみる??

投稿: えぬこ | 2009年4月17日 (金) 09時41分

このボトルタイプの1升瓶、小生行きつけの「うさぎ」で見たことありますっ!

かなり、インパクトのある1升瓶でした♪

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年4月19日 (日) 14時08分

>葛飾のオヤジさん
斗瓶のお酒は、大体おいしいですよねぇ。さすがです。お値段もなかなかいいお酒なので、ちょっと特別な時しか飲まないけど。。。coldsweats01

投稿: えぬこ | 2009年4月21日 (火) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/44692242

この記事へのトラックバック一覧です: 綿屋の酒蔵探訪 その2:

« 綿屋の酒蔵探訪 その1 | トップページ | 2009年 お花見 »