« 1年ぶりの。 | トップページ | 長月九日。 »

2008年9月 8日 (月)

なぜなの?(長文です)

Cocolog_oekaki_2008_09_09_00_39  

 

昨夜、コウモリさんの出現で、心臓病なんじゃないかと思うくらい鼓動が激しくなっていた。

でも大家さんが捕獲してくれた後は、ホッと安心してblog書いたり、いろいろ考え事をしたりしていた。

しかししかしそれから何時間か後、ぎえ~っゲゲゲ~ッッぐわ~っ!!

また出た~っ!!今度はかなりの低空飛行で足元を掠めていった。

なんで~?どっから来るの??crying

ウチは古い建物なので、ところどころに隙間もあるし、近所もお寺とかあるので、環境的には不思議じゃないけど…。

でも、いくらなんでももう大家さんを呼べる時間じゃない。

低空飛行をしながらカーテンの陰に入っていっておとなしくなったようなので、部屋の電気を全部つけたまま、いつもは開けっ放しの寝室との間の襖を閉めて寝室に入ってこないようにして、もう寝てしまえ!!とベッドに入る。

でも寝室の電気も点けっぱなしで明るいし、ちょっとした物音が気になって、当然寝付けない。

しかもコウモリさん侵入口が、寝室のどこかだったらどうしよう…?

朝起きて襖を開けたらコウモリさんの洞窟みたいになってたらどうしよう??

朝方やっと眠れたけど、当然のようにコウモリさんの夢。

実際、昨夜カーテンの陰に入ったコウモリさんは、どこに行ったのか見つからなかった。

ちょっとした窓の隙間から出て行ったのかな。出て行ったんだ。そうだよ。そうに違いない。

今日は遅番で、家に帰って来るのが怖くて、今もまた背後から黒い影が飛んできたらどうしよう??とビクビクだ。

コウモリさんとの対面は、なぜか毎年1度きりなんだけど、やっぱり対策考えないとね。

部屋にいるのに常にビクビク緊張してんだもん。 

 

でも、まぁとりあえず、今日の出来事。

ものすごく久しぶりに晴れた。

青い空がうれしい。ほんとにほんとに久しぶりだ。

秋の高い空。

Autumnsky

 

 

 

 

 

 

 

今日は、仕事で託児のグループの取材があって、託児現場に潜入。

子どもたち、かわい過ぎheart04

基本的に子ども好きじゃないけど、今日の子たちはめんこかった~。

泣いても笑っても、遊んでも食べててもかわいい。

泣いているとき、澄んだ目からぽろぽろこぼれ落ちる涙はダイヤモンドみたいだった。

あ、あとね、昨日の話に戻るけど、メチャメチャ凹んでどん底近くにいる時って、これ以上ひとつふたつ落ち込むことがあっても大したことない…って思うから、今までちょっと勇気が無くて出来なかったこととかをシラ~ッと出来ちゃうんだよね。

なんかずっとメール出来なかった人とかに、さら~っとメールして普通に返事が来て、ちょっと安心した。

やっぱりお天気がよくて、青空が広がるってすごいことだね。

エネルギーをくれるね。うれしいね。ありがたいね。

明日も晴れるらしいから、また元気がもらえる。

あとはコウモリさんと会わないことを願うばかり…。

今日も電気点けっぱなしで寝るか…sad

|

« 1年ぶりの。 | トップページ | 長月九日。 »

コメント

『バットマン・リターンズ』といった所でしょうかcoldsweats02sweat02

あんなにカッコ良ければ、まだいいんだろうけど。。小生みたいなデブちんだと、ほうきで叩かれること 間違いなし!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年9月 9日 (火) 06時31分

わはは
出たね、出たね~待ってたよ~(喜)
しかもこの絵が上手いじゃない?

コウモリ、まだ机の下とかにいるんじゃないの?フフフ・・・

投稿: hirorin | 2008年9月 9日 (火) 12時10分

>葛飾のオヤジさん
ホントに、バットマンだったら大歓迎なんだけどねぇcoldsweats01
この狭い部屋で、ホンモノのコウモリさんとの共存はムリですぅbearing
 
 
 
>hirorinさん
絵、なかなか難しいねぇ。
でも楽しいhappy01もっと練習しよっと。
って、コウモリさんの出現で喜ばないでぇ~。本気で怖いんだよ~crying
虫取り網、なかなか売ってないし。
夜、暑くても窓開けられないし。
ふぇ~んsweat01

投稿: えぬこ | 2008年9月 9日 (火) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129514/42421322

この記事へのトラックバック一覧です: なぜなの?(長文です):

« 1年ぶりの。 | トップページ | 長月九日。 »